FXはどの程度大きな取引が可能であるか

FXはどの程度大きな取引が可能であるか

FXは少額の資金しか用意する事が出来なくても大きな取引に参加する事が可能となっています。


ただし、大きな取引が可能であるとは言っても限度はあり、無制限に大きな取引が出来るという訳では無いです。
それではどの程度までならば大きな取引が可能であるのかというと、レバレッジが最大で25倍までというように規制されています。


レバレッジというのは日本語ではテコという意味であり、少額で大きな取引が可能である事が小さな力で大きなものを動かせるテコと似ている事からそのように呼ばれています。

例えば、資金が50万円で100万円の取引をする場合であれば、取引額が資金の2倍となっているのでレバレッジが2倍という事になります。

あなたの知らないトルコリラ情報サイトをご利用下さい。

最大で25倍という事は資金が50万円であれば1250万円までならば取引が可能という事です。
なお、実際にFXで取引をする際には少ない資金で始める事が出来るとは言っても自分の好きな金額から始める事が出来るという訳では無く、業者が指定している取引単位に従う必要があります。

YOMIURI ONLINEの情報をご提供しています。

例えば1万通貨単位となっている場合は最低限でも1万通貨は取引をしなければならないという事であり、円と米ドルで円を売ってドルにして取引するのであれば1万ドル分だけ購入する必要があるという事になります。



1ドルが100円であれば100万円の取引が最低限の取引であり、レバレッジを最大の25倍と考えても証拠金として資金を4万円用意する必要があるという事になります。その時の為替相場の状態にもよりますが、もっと少ない資金でFXの取引を始めたいのであれば、より小さな取引単位を設定している業者を選ぶ必要があります。

  • FXの重要知識

    • FXは通貨の売買を行いますが、その際の注文方法にはいくつか種類があります。その中でもここではFXの注文の中でも基本的な方法である、成行注文と指値注文、それに逆指値注文について説明をします。...

      detail
  • 読めば解る

    • FXは業者によっても取引可能な通貨ペアは異なりますが、様々な通貨ペアがあるので初めて取引を行う場合はどれを選んだら良いのか判断に困ってしまう事もあります。どの通貨ペアで取引をするのかはあくまでも自分自身で判断するものではありますが、初心者であれば実際に取引をする際には円をベースに米ドルやユーロといったメジャーな通貨で取引をするのが無難となります。...

      detail
  • 納得の情報

    • FXの注文方法の一つである成行注文は相場を確認してすぐに注文を約定させる事が出来るというメリットがありますが、その一方で実際に注文が約定する際の相場が注文時と一致していないスリッページが起きる可能性があるという問題があります。スリッページは得する方向に働く場合もありますが損する方向に働く可能性もあり、FXをする上では出来る限りはそのような事態は起きないのが望ましいです。...

      detail
  • 注目情報

    • FXは異なる二つの通貨ペアの売買取引を行い為替変動によって損益が決まってきますが、それだけで全てが決まるという訳では無くてスワップポイントというものも発生するという点も注意が必要です。銀行にお金を預けていると金利に応じて利息が発生しますが、FXで取引をする場合でも各国が設定している金利に応じて損益が発生し、二国間の金利の差の事をスワップポイントと言います。...

      detail