FXはどの程度大きな取引が可能であるか

  • FXではいくつか注文方法がある

    • FXは通貨の売買を行いますが、その際の注文方法にはいくつか種類があります。


      その中でもここではFXの注文の中でも基本的な方法である、成行注文と指値注文、それに逆指値注文について説明をします。
      まず成行注文から説明をします。

      日本経済新聞の知りたかった情報がきっと見つかります。

      成行注文というのは、FXで現在取引する通貨ペアの為替相場の値ですぐに売買取引をする場合に用います。ただし、注文した際の相場と実際に約定した際の相場は違う場合があります。


      それをスリッページと言い、例えば1ドル100円であるからと注文しても為替相場が変動していて100.04銭で取引が成立したという事もあるのです。
      スリッページを防ぎたい場合に役立つのが指値注文であり、指値注文の場合は相場がいくらになったら注文を約定するというようにします。
      例えば、ドルと円の通貨ペアを選択し、現在100円なのもう少し円高になって99円になったらドルを購入する、あるいは円安で101円になってからドルを売却するといったように、相場の流れが有利になるようになった場合に注文を約定するのが指値注文となります。


      それに対して逆指値注文の場合は相場の流れが不利になる逆方向への注文となります。



      指値と同じようにドルと円のペアで考えると、1ドル100円ドルの時点でドルを売る場合に1ドル99円と安くなる方向で売ったり、1ドル101えんとドルを購入するのに現在の相場よりも高くなるように注文する方法で、ちょうど指値と反対の関係となります。

      ただ、逆指値の場合は注文が約定しにくいためにスリッページが発生する事があるので注意が必要です。