FXはどの程度大きな取引が可能であるか

  • FXはスワップポイントにも注意

    • FXは異なる二つの通貨ペアの売買取引を行い為替変動によって損益が決まってきますが、それだけで全てが決まるという訳では無くてスワップポイントというものも発生するという点も注意が必要です。


      銀行にお金を預けていると金利に応じて利息が発生しますが、FXで取引をする場合でも各国が設定している金利に応じて損益が発生し、二国間の金利の差の事をスワップポイントと言います。
      スワップポイントを利用して資産運用をしようとする場合に気をつけなくてはならないのは、金利の低い国の通貨を売って金利の高い国の通貨を購入する場合は一日毎に金利差に応じて利益が発生するのですが、その一方で逆に金利の高い国の通貨を売って金利の低い国の通貨を購入する場合は損失となります。

      YOMIURI ONLINEの情報を掲載しませんか。

      ただ、円をベースにFXの取引をする場合はスワップポイントによる損失はそれほど気にする必要はないです。


      何故かというと日本は世界的に見ても金利が低く、円を売って他国の通貨を購入する場合は基本的にスワップポイントによって利益が発生するからです。


      そのために外貨預金の代わりにFXを活用する人もいるのですが、もし通貨の売買取引がメインではなくスワップポイントを利用して利益を得ようとする場合は為替相場の変動についても同時に注意する必要があります。



      日本の銀行に預ける場合は為替相場を気にする必要はないですが、FXの場合は相場の変動によっても損益が変化しているので、スワップポイントで利益を得たいのであれば相場変動が激しい通貨を選択するとスワップポイントによる利益以上に損失が発生してしまう事もあります。その事も考慮した上で運用するようにする必要があるのです。