FXはどの程度大きな取引が可能であるか

  • FXでスリッページを抑えて成行注文をする方法

    • FXの注文方法の一つである成行注文は相場を確認してすぐに注文を約定させる事が出来るというメリットがありますが、その一方で実際に注文が約定する際の相場が注文時と一致していないスリッページが起きる可能性があるという問題があります。


      スリッページは得する方向に働く場合もありますが損する方向に働く可能性もあり、FXをする上では出来る限りはそのような事態は起きないのが望ましいです。



      そのための方法として指値注文がありますが、指値注文は相場の流れが予想と反した場合はいつまでも注文が約定しないという問題があります。

      ビジネスジャーナルの専門知識を身につけましょう。

      そこでスリッページを極力抑えて成行注文のように即座に注文を約定させたいという場合に便利なのがストリーミング注文です。


      ストリーミング注文では成行注文と同じように現在の相場を見て注文してすぐに約定させるという方法なのですが、成行注文とは違ってスリッページが発生した場合には注文を約定しないようにして予期せぬ損失が発生する事を防ぐことが期待できます。

      また、スリッページの許容範囲を指定する事で、その範囲内のスリッページであれば注文を約定させるようにするというように指定する事も出来ます。


      FXをしていて予期せぬ約定を防ぐ意味では便利な注文方法ではあるのですが、ストリーミング注文も万能な方法という訳では無いです。相場が急激に変動していてスリッページが発生しやすい状態だと、いつまでたってもなかなか約定する事が出来ない事態になる可能性もあり、損切りをしようとしている場合に注文が約定されずに損失が膨らんでしまう事もあるのです。

      そのような場合に確実に約定させたいのであれば、多少スリッページが発生したとしても成行注文をするのが確実です。

      人には聞けない珍しいトルコリラの情報収集ができます。